​丸山隆志のプロフィール

130603_75116.tif

腫瘍の摘出術にこだわり、東京女子医科大学で20年をこえる時間を脳腫瘍の診療に携わりました。

術中MRIや覚醒下手術など 国内では最多の年間100〜150件、計2000件を超える脳腫瘍手術を行うとともに、さまざまな臨床試験にも携わりました。

覚醒手術では400症例を超える症例経験を積み重ね、脳の機能評価や保護に取りくんできました。

5年生存率で表現される難しい脳腫瘍でも、10年を越えて通院を続けている患者さんが多くおられます。

外来での長いおつきあいでは、お孫さんが生まれたり、結婚されたり、古い友人のようにご家族も交えた診療ができることを幸せに感じます。

このような患者さんとの交流はテレビでも紹介されました。

2021年2月23日(火) 10:05~
放送局:NHK

番組名:「明日へつなげよう」あの日から~震災遺児の10年~

2020年10月29日(木) 午後8:00~午後9:00

放送局:NHK BSプレミアム
番組名:『忘れられない患者』 スーパードクター 心の交流「脳神経外科医・丸山隆志」

2020年6月7日(日) 24:40~
テレビ朝日系列『名医の極み』


 

東京女子医大では、治療と同時に患者さんの脳の働きをいかに守るかも大きなテーマになります。

脳腫瘍を専門とする「高次脳機能チーム」を構成し、10年以上にわたり外来診療を通じて脳機能の検査と保護に取り組んできました。

脳腫瘍に生じる高次脳機能障害は、他の病気の場合とは違うところも多く、社会からの認知も少ないのが現状です。

長期の生存を果たしているのだから仕方がない と考える必要はありません。

また、治療の途中でも、適切な診断とアドバイスがあれば、もう少し良い生活につながるはずです。

そんな思いを込めて、このサイトを立ち上げました。

脳腫瘍の患者さん以外でも、脳の機能に関係することには変わりはありません。

​通常のリハビリテーションとは違った、脳外科医の視点からアドバイスができることがあるかもしれません。

​脳腫瘍、がんの脳転移、てんかん、高次脳機能で、もしやと思われたなら、お気軽にご相談ください。

相談や質問はこちらからどうぞ

1992年  3月    昭和大学医学部卒業

    4月    東京女子医科大学脳外科入局

1993年  4月    東京女子医科大学大学院脳神経外科学入学

1994年  7月    ハーバード大学脳神経外科 ブリガム アンド ウーマンズ病院

                      Harvard University, Brigham & Women’s Hospital, Children Hospital,

                      Brain Tumor Research Center留学

1997年  5月    東京女子医科大学大学院 医学博士号取得

2009年  4月    東京女子医科大学 脳神経外科 講師

                       東京女子医科大学大学院 先端生命医科学研究所

                       先端工学外科学分野 講師兼務

                       東京女子医科大学大学院看護学研究科 講師兼務

 2016年 4月    東京女子医科大学がんセンター 研修室室長兼務

2019年  4月    同 非常勤講師

             7月    ZAP Surgical Inc. Neurosurgical Clinical Expert就任

学会・社会活動:

H12(2000)                昭和女子大学オープンカレッジ非常勤講師

H14(2002)                東京国際音楽療法専門学院 非常勤講師

H18(2007)~H29       厚生労働省がん研究助成金指定班

             JCOG (日本臨床腫瘍研究グループ) プロトコール審査員

H26(2015)~H29       日本脳神経外科コングレス運営委員就任

H29(2018)              日本脳神経外科学会評議員

H29(2018)                総務省情報通信審議会情報通信政策部会 

                                     IoT新時代の未来づくり検討構成員

H25(2016)~    ベトナム、ハノイ大学ベトドク病院脳外科

           visiting professorとして定期的に脳腫瘍手術指導に渡越

​           2019年 ベトナムで初の覚醒下腫瘍摘出術を達成